福谷充輝のホームページ

福谷充輝のホームページ

立命館大学の国際共同研究促進プログラムに採択されました。

立命館大学で今年度から始まった、国際共同研究促進プログラムに採択されました。
本プログラムは、立命館大学と海外の大学との共同研究を促進するためのもので、
2年間という期間で、立命館から海外の大学に行き、
もしくは海外の大学から立命館に来てもらい、共同研究を推進するというものです。
私一人ではなく複数の人が行き来出来るように、
かなり大規模な予算を頂いています。

自身の研究を進めるのはもちろんのこと、
頂いたサポートに応えられるよう、
様々な人と協力して、国際共同研究を発展させていきたいと思います。

なお、私の場合は、イギリスのKing’s College Londonが対象機関であり、
筋収縮に関する研究を進める予定です。
このラボは、Jean Hansonという女性の研究者が設立した研究所であり、
Jean Hansonは、筋収縮メカニズムである “滑り説” を1954年に発表した研究者です。
私が初めてこの研究所に行ったとき、
入り口にあった、アクチンがミオシンに対して滑る大きな模型を見たときには、
「こういうところで筋収縮の研究が出来たら最高だろうな」と思っていました。
幸いにも、それがついに現実のものとなったということで、
いやが上にも、気合が入っています。

 

写真

Atsuki Fukutani Ph.D.
(Sport Sciences)

Faculty of Sport and Health Science, Ritsumeikan University, Assistant professor

1-1-1 Noji-higashi, Kusatsu, Shiga, 525-8577, Japan

info@skeletalmuscle.net

Copyright © Atsuki Fukutani
トップへ戻るボタン